> > 日産、EV技術を商用車へ 電気商用車は2014年発売予定、電気トラックも開発中

日産、EV技術を商用車へ 電気商用車は2014年発売予定、電気トラックも開発中

記事を保存
日産、EV技術を商用車へ 電気商用車は2014年発売予定、電気トラックも開発中

日産自動車は、発売に向けて準備中の100%電気商用車「e-NV200」の開発が最終段階を迎えていると発表した。「e-NV200」は、電気自動車(EV)「リーフ」に続き、グローバルで販売する同社の2車種目のEVとして、2014年中の発売を予定している。

また、同社では、EV技術の商用車分野への展開をさらに加速させるために、同技術のトラック分野への応用も検討している。その一つが、小型トラック「アトラス」をベースとした電気トラック「e-NT400」だ。

100%電気商用車「e-NV200」は、ビジネスの効率向上や環境への意識が高い企業をはじめとする顧客の間で、都市部等で威力を発揮する革新的な商用バンとして、その発売への期待が高まっている。同社では、2011年以降、この「e-NV200」について、多くの大手企業や自治体などと、公道での実証運行を重ねてきた。その実証実験の中では、快適なドライビングや、CO2排出量の削減、積載能力の高さといった点で、多くの好意的な意見を得ている。それらを含む数多くのフィードバックは、引き続き、発売にむけた同モデルの商品開発に生かしていく。

同社では、「e-NV200」について、ゼロエミッション領域における日産のリーダーシップをより確固たるものにすると同時に、商用車市場に大きな革新をもたらすモデルと説明している。ベース車である多目的商用バン「NV200」が誇る室内の広さや多用途性と、「リーフ」のパワートレインが生み出すEVならではの先進性を併せ持つ商品として、走行時のCO2排出量ゼロを実現しつつ、EV特有の卓越した加速性と静粛性を備える。

また、先進的なテレマティクスシステムや荷室における電源供給機能などが、さまざまなシーンにおけるビジネスの可能性を広げる。その上で、多くの企業が最も重視するポイントのひとつであるランニングコストについては、同クラスの商用車をリードする優れたレベルの実現を目指している。

「e-NT400」は「リーフ」のパワートレインを活用した、ゼロエミッションの100%電気トラックで、将来の量産の可能性を探りつつ現在開発を進めている。排気ガスを一切出さないことから、都心部におけるエンジン車の乗り入れが制限されているエリアにおいても走行可能なほか、低騒音であることから、深夜の時間帯でも運行しやすい。また、優れたランニングコストが、顧客のビジネスにメリットをもたらす。さらには、80kWの電動モーターと高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーにより振動の少ないスムーズな加速と、新しい運転感覚を提供する。

また、「e-NT400」は、欧州NEDC(New European Driving Circle)モードでの航続可能距離約140キロを実現し、60分間で容量の80%まで充電が可能な急速充電機能を内蔵している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.