> > トヨタ、インドネシアで低価格・低燃費車「アギア」を販売、ダイハツと協業

トヨタ、インドネシアで低価格・低燃費車「アギア」を販売、ダイハツと協業

記事を保存
トヨタ、インドネシアで低価格・低燃費車「アギア」を販売、ダイハツと協業

トヨタ自動車は、ダイハツ工業と協業し、インドネシアで低価格・低燃費を実現した新型車「アギア」の販売を9月9日に開始した。「アギア」は、ダイハツが同日発売した「アイラ」とともに、インドネシア政府が制定したLCGC(Low Cost Green Car)政策初の認定車となる。

「アギア(AGYA)」と「アイラ(AYLA)」は5人乗りのコンパクトカー。排気量は998cc。インドネシア市場向けにダイハツが企画・開発したモデルで、ダイハツは、トヨタとの協業の一環として、「アイラ」をトヨタブランド「アギア」として供給する。

「アギア」の販売価格は9,900万ルピア(約85万円)~12,000万ルピア(約103万円)。2013年月販目標台数は5,000台。「アイラ」の販売価格は7,610万ルピア(約65万円)~9,750万ルピア(約83万円)。

LCGCは低価格で燃費が良いクルマの普及を促進する政策。認定車には、税制上の優遇措置が与えられる。

「アギア」はダイハツのインドネシアにおける車両生産会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)で生産し、トヨタのインドネシアにおける車両販売会社であるトヨタ・アストラ・モーター(TAM)が販売する。「アイラ」は、ダイハツの車両販売会社であるアストラ・インターナショナル(Astra International)が販売する。

これまでもトヨタは、ダイハツとの協業で、「アバンザ」(ダイハツブランド名:「セニア」)など、インドネシアの顧客のニーズに合わせたクルマを提供してきた。「アギア」「アイラ」も、初めて車を購入するエントリーユーザー向けのファミリーカーとして、インドネシアの新たな市場の開拓を目指す。

ダイハツは、「アイラ」の特長として、市場調査による現地ニーズの追求や現地デザイナーの起用など徹底した「現地化」の実践、現地調達化の推進などによる低価格化、さらに低燃費のアプローチとしてエネルギー効率の最大化や軽量化の推進などをあげている。また、悪路や冠水路でも走破できる最低地上高や、狭い道でも取り回ししやすい最小回転半径を実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.