> > NEDO、日立造船・三菱化学などの植物由来化学品開発事業を助成・委託

NEDO、日立造船・三菱化学などの植物由来化学品開発事業を助成・委託

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「非可食性植物由来化学品製造プロセス技術開発」の助成・委託予定先を決定した。同事業では、非可食性バイオマスから化学品までの一貫製造プロセスを構築し、石油由来化学品と比較して、性能が同等以上かつコスト競争力のある化学品の開発を目指す。

助成・委託予定先は、以下の通り。

研究開発項目【1】
非可食性バイオマスから化学品製造までの実用化技術の開発(助成)

テーマ名 助成予定先
植物イソプレノイド由来高機能バイオポリマーの開発 日立造船
非可食性バイオマス由来フルフラール法THF製造技術開発 三菱化学、王子ホールディングス

研究開発項目【2】
木質系バイオマスから化学品までの一貫製造プロセスの開発(委託)

テーマ名 委託予定先
高機能リグノセルロースナノファイバーの一貫製造
プロセスと部材化技術開発
京都大学、王子ホールディングス、日本製紙、星光PMC、京都市
木質バイオマスから各種化学品原料の一貫製造
プロセスの開発
日本製紙、森林総合研究所、産業技術総合研究所、東京大学、住友ベークライト、京都大学、宇部興産、ユニチカ、日本化学機械製造、日本化薬、大陽日酸、東レ、旭硝子、三井化学、新潟バイオリサーチパーク、帝人、三菱化学

研究開発項目【1】非可食性バイオマスから化学品製造までの実用化技術の開発では、前処理技術が簡易で早期実用化が期待できる、草本系バイオマス等の非可食性バイオマスから化学品までの一貫製造のための実用化技術を助成事業として実施。

研究開発項目【2】木質系バイオマスから化学品までの一貫製造プロセス開発では、実験室レベルでの前処理技術や有効成分を無駄なく活用するプロセスの要素技術開発、それらの要素技術を活用した一貫製造プロセスの構築等、実用化までに時間を要する木質系バイオマスから化学品までの一貫製造プロセス開発を委託事業として実施する。

事業期間は平成25年度~平成31年度。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.