> > 日立の住宅用太陽光発電システムに新製品 変換効率は18.6%

日立の住宅用太陽光発電システムに新製品 変換効率は18.6%

記事を保存
日立の住宅用太陽光発電システムに新製品 変換効率は18.6%

日立アプライアンスは、住宅用太陽光発電システムにおいて、新たに発売する日立ブランドの210W単結晶シリコン太陽電池モジュールを採用、組み合わせて販売すると発表した。また、太陽電池モジュールの取り付け用の固定金具のラインアップも拡充する。

同社は、日立ブランドの太陽電池モジュールとして、210WモジュールHSS-M210BBを10月下旬に、さらに、この太陽電池モジュールと組み合わせ可能なハーフサイズの105Wモジュールを12月から発売する予定。210Wモジュールのセル実効変換効率は18.6%で、価格は12万7,890円。

同社では、2012年8月より自社開発のパワーコンディショナや架台、固定金具類と、専用メーカーの太陽電池モジュールを組み合わせ、日立ブランドの住宅用太陽光発電システムとして販売してきた。今回、太陽電池モジュールを日立ブランドで発売することで、顧客に対してより迅速なシステム提供を可能とする。

また、太陽電池モジュールと架台を固定する金具については、店舗や工場などの建屋の屋根に使われているハゼ式の金属折板屋根用や、戸建住宅用として増加傾向にあるアスファルトシングル屋根用の金具を、9月20日以降順次発売する。さらに、新たな施工方法を採用することで、スリット入りのスレート屋根への設置も可能となった。

同社の調べによると、2013年度の住宅用太陽光発電システムの国内市場は、約33万件(前年比100%)と安定した需要が見込まれる。太陽光発電システムの導入は既築住宅だけでなく、近年は新築住宅への導入が進み、都市部での需要が拡大している。さらに、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始により、全量買取の対象となる10kW以上のシステムの導入が増加した。同社では、このような太陽光発電導入環境の変化を受け、日立ブランドの太陽電池モジュールの投入等により、多様な顧客のニーズに対応し、拡販を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.