> > 七十七銀行、店舗とATMコーナーをLEDに 年間約435,000kWh節電

七十七銀行、店舗とATMコーナーをLEDに 年間約435,000kWh節電

記事を保存

七十七銀行(宮城県)は、省エネルギー・節電の取組みを強化するため、全ての店舗及びキャッシュサービスコーナーの営業室やロビー等の照明を蛍光管からLEDに切替えると発表した。

対象となる店舗は103ヵ店、店舗外キャッシュサービスコーナーは233ヵ所。全ての店舗及びキャッシュサービスコーナーを対象にLED照明への切替えを行うのは、東北地区の金融機関では初。電力削減効果は、年間約435千kwh(一般家庭の約 120 世帯分)。平成27年9月末までに順次切替える。なお、LED照明は、地元企業であるアイリスオーヤマ(宮城県)に製品の供給を依頼する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.