> > グリーンITアワード2013 野村総研、東芝が経済産業大臣賞を受賞

グリーンITアワード2013 野村総研、東芝が経済産業大臣賞を受賞

記事を保存
グリーンITアワード2013 野村総研、東芝が経済産業大臣賞を受賞

経済産業省は、優れた省エネ機器・取組みを評価・表彰する「グリーンITアワード2013」について、経済産業大臣賞、商務情報政策局長賞を決定し、発表した。

経済産業大臣賞は、機器・システム及びそれらを構成するデバイス、技術等を対象とした「ITの省エネ」部門では、野村総合研究所の「野村総合研究所 東京第一データセンター」が受賞。家庭・企業向けITソリューション、及びITを活用した新サービス、企業内・企業間の取組み等を対象とした「ITによる社会の省エネ」部門では、東芝テックの「ペーパーリユースシステム LOOPS循環型社会に貢献するエコ・プリンティング」が受賞した。

野村総合研究所の東京第一データセンターでは、マシンルームを、熱の発生源となるサーバ機器を置くエリアと、設備機器を置くエリアに完全分離したダブルデッキ構造とすることで、効率的な空調システムにするとともに、高温冷水を採用し、フリークーリングを長期間活用することで、従来の約半分の設備電力でシステムを稼働可能とする省エネデータセンターを実現した。

また、東芝テックの「LOOPS」では「瞬時に消せるトナー」で用紙を繰り返し利用することで約50%のCO2を削減。更に印刷を消すと同時に電子化も行い、紙も情報も滞留しない、環境に優しく自由度の高い新たなワークスタイルを実現した。

グリーンIT アワードは、「ITの省エネ」及び「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の活動を広く社会に浸透させることを通じて、環境保護と経済成長が両立する社会の実現につなげるために、同省が2008年度より実施しているもの。グリーンIT推進協議会が主催している。

今回は、「ITの省エネ」と「ITによる社会の省エネ」の二つの部門に、それぞれに多数の応募が寄せられ、各4件(経済産業大臣賞1件、商務情報政策局長賞1件、グリーンIT推進協議会長賞1件、審査員特別賞1件)ずつ、計8件が選出された。

商務情報政策局長賞は、「ITの省エネ」部門では、東芝の「ビッグデータの潮流に対応するトータル・ストレージイノベーションエンタープライズ向けSSD・HDD」が、「ITによる社会の省エネ」では、セブン‐イレブン・ジャパン・日本電気の「コンビニエンスストアの省エネ化と改革を支える『電気の見える化システム』と『インテリジェント分電盤』」が受賞した。

【参考】
経済産業省 - グリーンITアワード2013経済産業大臣賞受賞結果を公表します!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.