> > NIMSとJST、光電子分光法による固液界面での電気化学反応のその場追跡に成功

NIMSとJST、光電子分光法による固液界面での電気化学反応のその場追跡に成功

 印刷 記事を保存

蓄電池や燃料電池、太陽電池などにおいて、液体と固体が接する境界面はエネルギー変換や利用を担っている重要な場所となっている。NIMSとJSTは、従来、真空中でのみ測定が可能であったX線光電子分光法によって、固液界面における電気化学反応のその場追跡に世界で初めて成功したと発表した。

今回、物質・材料研究機構(NIMS)ナノ材料科学環境拠点および科学技術振興機構(JST)の研究グループは、国際ナノアーキテクトニクス研究拠点および高輝度放射光ステーションと共同で、大型放射光施設SPring-8の高エネルギーX線とシリコン薄膜窓を用いた新しい測定システムを開発し、今回の研究成果を得た。本成果によって、蓄電池や燃料電池といった主要なエネルギーデバイスの固液界面プロセスの解明が進むことが期待される。

(※全文:1,305文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.