> > パナホームなど、藤沢市で全戸CO2排出量±0のスマートハウスを着工

パナホームなど、藤沢市で全戸CO2排出量±0のスマートハウスを着工

 印刷 記事を保存

パナホームおよび三井不動産レジデンシャルは、神奈川県藤沢市南部のスマートシティ・プロジェクトにおいて、日本初となる「独自の創蓄連携システムの大規模導入」により戸建住宅CO2排出量±0を目指す戸建街区(約600区画)の建設を開始したと発表した。

本プロジェクトは、約19haのパナソニックグループ工場跡地の土地区画整理事業として、12社により進められているスマートシティ・プロジェクト、「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)」。住宅約1,000戸(戸建住宅約600戸、集合住宅約400戸)、商業施設、健康・福祉・教育施設などを建設予定。計画人口3,000人、総事業費約600億円、2018年度完成予定の大規模な開発事業となっている。

(※全文:1,205文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.