> > 使用済み電子機器を輸出する際の判断基準が発表 有害物質汚染を防止

使用済み電子機器を輸出する際の判断基準が発表 有害物質汚染を防止

 印刷 記事を保存
p>環境省は、特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)の適切な運用を目的に「使用済み電気・電子機器の中古品判断基準」を策定した。これは、実際にはリユースに適さない使用済み電気・電子機器が中古品と偽って輸出され、輸出先における健康及び環境への悪影響を及ぼしている実態を踏まえて作られたもの。

同基準の対象は、使用済み電気・電子機器で、[1]年式・外観[2]正常作動性[3]梱包・積載状態[4]中古取引の事実関係[5]中古市場の5項目によって構成されている。

(※全文:891文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.