富士フイルム、自社16拠点の電力を富士宮工場の自家発電設備から融通

  • 印刷
  • 共有

富士フイルムホールディングスは、10月1日より、富士フイルムの富士宮工場からグループ内16拠点(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県の各所)に対して約11,000kWの電力融通を開始すると発表した。

富士フイルムが特定規模電気事業者(新電力)として、自家発電設備を有する富士宮工場から、グループ事業所へ東京電力の送電網を介して部分供給することで、電力会社から供給される夏期・冬期などの需要期における電力の安定供給と、年間を通じて平準化を実現する見通し。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事