> > シャープ、太陽電池モジュールの品質評価規格を見直し 評価期間を短縮

シャープ、太陽電池モジュールの品質評価規格を見直し 評価期間を短縮

記事を保存

シャープは、電気製品の安全性に関する国際的な第三者認証機関であるVDE Testing and Certification Institute(VDE)が定める品質評価基準を取り入れた、太陽電池モジュールの新たな品質評価規格を策定した。

今回、VDEが定める「繰り返し風圧試験」や「端子強度試験」などの基準を新たに取り入れることで、IEC規格(電子工学及び、それに関連した技術を扱う国際的な標準化団体IECが定める規格)とVDE独自規格(VDEが欧州最大の研究機関Fraunhofer ISE及びドイツの太陽電池産業界と共同開発した太陽電池モジュールに対する長期信頼性試験プログラム)に適合する品質評価規格を策定した。これにより、従来個別に認証を取得していた評価期間が短縮される。今後、発売する結晶太陽電池モジュール新製品を対象に運用を開始する。

同社は、国際的な品質評価基準であるIEC規格に独自の品質評価規格を加え、太陽電池モジュールの長期信頼性を検証している。30年間にわたり発電を続けている奈良県の壷阪寺(1983年設置)の事例から得られるデータを、自然環境下より厳しい高温・高湿状態で意図的に劣化を進める「加速劣化試験」に活用するとともに、「耐PID試験」や「繰り返し風圧試験」などの項目を加えて、評価を行ってきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.