> > 三菱化学とパイオニア、 「発光層塗布型」有機EL照明モジュールのサンプル出荷開始

三菱化学とパイオニア、 「発光層塗布型」有機EL照明モジュールのサンプル出荷開始

記事を保存
三菱化学とパイオニア、 「発光層塗布型」有機EL照明モジュールのサンプル出荷開始

三菱化学とパイオニアは、発光層を独自の塗布プロセスで成膜することにより製造コストを大幅に低減した、世界初の「発光層塗布型」有機EL照明モジュール(白単色型)のサンプル出荷を9月末より開始する。

同製品は、三菱化学が独自に開発した塗布材料を使用し、両社で開発を進めてきたデバイス・パネル製造技術を用いたもの。発光層蒸着型の従来品に比べ、製造コストを5分の1~10分の1へと大幅に低減するとともに、本格量産開始時に約4倍の長寿命を達成する予定。これにより、これまでの店舗照明や美容・医療用照明器具に加え、オフィスや車載照明など幅広いシーン・用途への有機EL照明の応用が可能になると期待されている。また、他社にない「カラー調色・調光型」の従来品(発光層蒸着型)と組み合わせることにより、新しい照明空間の創出が可能となる。

両社は、MCパイオニアOLEDライティングを通して「発光層塗布型」有機EL照明ならではのメリットを活かした用途提案を積極的に行い、早期に市場を開拓するとともに、来年1~3月を目処に「発光層塗布型」有機EL照明モジュールの量産出荷を開始し、有機EL照明ビジネスを本格的に展開したい考えだ。

有機EL照明は、面発光で薄型・軽量である上、形状に制約がなく透明にできるなど、既存の照明にない特徴を数多く有しており、次世代の照明として注目されている。両社は、2011年7月に、発光層を蒸着プロセスで成膜した世界初の「カラー調色・調光型」有機EL照明パネル・モジュールの量産を始め、今年6月には両社の出資によりMCパイオニアOLEDライティング(東京都)を設立し、店舗照明や美容・医療用照明器具などさまざまな用途向けに有機EL照明パネル・モジュールを提案・販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.