耐高電圧のSiC半導体トランジスタが新開発 スマートグリッド構築などに貢献

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

産業技術総合研究所は、シリコンでは不可能な10kV以上の耐電圧を示す炭化ケイ素新型トランジスタを開発した。本成果により、電力ネットワークにおけるスイッチやトランスの半導体化、次世代スマートグリッド構築を通した電力分野での省エネルギー化への道筋が示されたと説明している。

今回、産総研は、炭化ケイ素(SiC)半導体を用いて、16kVという超高耐電圧特性を持つ独自構造の絶縁ゲートバイポーラ・トランジスタ(IGBT)を開発した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事