> > NEDO、新興・途上国における再エネ技術専門家育成研修を開始

NEDO、新興・途上国における再エネ技術専門家育成研修を開始

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と共同事業で、9月25日より新興国や開発途上国における再生可能エネルギーの技術専門家を育成するための研修事業を開始した。

参加者は、世界27カ国の電力会社、施工会社、行政機関等の再エネ関連業務に携わる技術者、プロジェクト企画・立案者、ファイナンス調整担当者等の38名。期間は10月11日までで、アブダビ、東京、大阪の3ヵ所で、太陽光発電の技術を中心とした研修を実施。講師は、NEDOとIRENAの専門家や関連企業の技術者ら。

内容は、参加者が研修成果を実務で直接活用可能なものにすることを念頭に置き、プロジェクトの企画・立案、事業性評価や、太陽光発電システムの設計・施工、運転・保守等に関して座学及び実習を実施する。

各会場での研修内容は、以下の通り。

(※全文:849文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.