> > 産総研、CIGS太陽電池の発電効率を18%以上に 大面積化などに期待

産総研、CIGS太陽電池の発電効率を18%以上に 大面積化などに期待

 印刷 記事を保存

産総研 太陽光発電工学研究センター先端産業プロセス・高効率化チーム(柴田肇研究チーム長、上川由紀子特別研究員、小牧弘典研究員ら)はCIGS太陽電池サブモジュールとして初めて18%を上回る変換効率(η=18.34%)を達成した。

今回開発した技術は、次世代型太陽電池として注目されるCIGS太陽電池の、薄膜太陽電池の集積化技術を向上させ、電気的・光学的損失を低減し、サブモジュール(CIGS太陽電池セルを直列に接合、集積化し、取出し電極を取り付けた構造)の高効率変換に成功したもの。

(※全文:794文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.