> > 東京都千代田区で「微細藻類バイオマス利用国際シンポジウム」 11月21日

東京都千代田区で「微細藻類バイオマス利用国際シンポジウム」 11月21日

記事を保存

農林水産省と中央大学研究開発機構は、11月21日に中央大学駿河台記念館(東京都千代田区)で「微細藻類バイオマス利用国際シンポジウム」を開催する。

同シンポジウムは、微細藻類バイオマス利用研究に関心がある人を対象に、同省による委託プロジェクト研究で実施した微細藻類研究の成果を紹介するとともに、海外の著名な研究者の講演により、情報発信及び意見交換を通じて研究推進に役立てることを目的としたもの。参加可能人数は200名程度。参加費は無料だが、11月11日までに申込みが必要。

シンポジウムの内容は以下の通り。

  1. タイトル未定
    Ben Hankamer(クイーンズランド大学教授)
  2. シアノバクテリアによる二酸化炭素の有用物質への転換
    Shota Atsumi(カリフォルニア大学ディビス校准教授)
  3. ポスターセッション
  4. バイオ燃料製造を目的とした緑藻の分子育種
    原山重明(中央大学教授)
  5. バイオ燃料製造を目的とした緑藻の屋外低コスト培養
    福田裕章(デンソー機能材料研究部バイオ材料研究室室長)
  6. 21世紀における食糧および燃料-微細藻類によるバイオ材料及びバイオ燃料製造のための合成生物学
    Stephen Mayfield(カリフォルニア大学サンディエゴ校教授)

農林水産省は、農山漁村の活性化に資するため、「バイオマス活用推進基本計画」及び「バイオマス事業化戦略」に基づき、平成24年度より「微細藻類」からバイオ燃料等を製造する技術等を開発する委託プロジェクト研究「微細藻類を利用した石油代替燃料等の製造技術の開発」を実施している。

【参考】
農林水産省 - 「微細藻類バイオマス利用国際シンポジウム」の開催及び参加者の募集について(2013/10/3)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.