> > オリックス、米国の省エネサービス会社を買収 アジアでの事業を加速

オリックス、米国の省エネサービス会社を買収 アジアでの事業を加速

 印刷 記事を保存

オリックスは、米国でエネルギーサービス事業を展開するEnovity社を買収したと発表した。Enovity社の米国での事業拡大をサポートするとともに、Enovityの専門性と自社のネットワークを生かし、アジアにおける環境エネルギー事業の拡大を図っていく考えだ。

オリックスは、Enovity社(米国カリフォルニア州)の発行済み株式80%を創業株主である現経営者より取得した。Enovity社は、2002年の設立で、米国カリフォルニア州を中心に建物のエネルギーマネジメントサービスを手掛ける。カリフォルニア州は、州政府による積極的なエネルギー政策を軸に、全米でも先進的なエネルギーサービス市場となっている。

(※全文:1,015文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.