> > 塩害・積雪対策と発電効率を両立 「ソーラーファーム石狩」が運転開始

塩害・積雪対策と発電効率を両立 「ソーラーファーム石狩」が運転開始

記事を保存
塩害・積雪対策と発電効率を両立 「ソーラーファーム石狩」が運転開始

北ガスジェネックス(札幌市)は、太陽光発電所「ソーラーファーム石狩」の運転を開始したと発表した。

本発電所は、同社と北海道ガスの社有地2.9ヘクタールの用地(石狩市内)に、2013年5月から着工、建設されたもので設備投資額は約4億円。発電容量は約1,200kWとなっている。

本発電所の大きな特徴は、雪害・塩害等の諸問題を解決するため、ソーラーパネル(パナソニック製多結晶240W、5,040枚)の最低地上高が全国で最高の2.0メートルで設計し、さらにパネルの傾斜角を、通年での発電効率を重視し30度(札幌圏においては積雪を考慮した45度が一般的)で設計した点。

これにより積雪荷重が高まるリスクに対して、耐荷重が高いソーラーパネルを採用し、架台の強度を高めることにより対処したとしている。また、発電所の機器類は寒冷地仕様、架台などは耐塩害仕様となっている。

年間の総発電量は約117万kWh(一般家庭約380世帯分)、CO2削減量は年間約660トンを見込んでおり、発電量の全量を北海道電力に売電する予定としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.