> > 芝浦工大の「2030年の家」 経産省ZEH実証事業で採択 モデルハウスで実証

芝浦工大の「2030年の家」 経産省ZEH実証事業で採択 モデルハウスで実証

記事を保存

芝浦工業大学は、「2030年の家」について提案したプロジェクトが経済産業省「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の標準化に係る調査・実証事業」に採択されたと発表した。今後、連携する企業と共に実際にモデルハウスを建て、展示・実証データ収集などを行う。

今回の事業は、先進的なZEHの設計・建築とZEHを活用した新たな住まい方に関する実証を行うもので、住宅全体の設計を行うとともに、実際にモデルハウスを建築し、実証期間にデータ収集を行う。住宅の設計にあたっては、(1)エネルギー、(2)ライフ、(3)アジアの3つの観点から考える「2030年の家」をテーマとしている。

そこで、芝浦工業大学が代表として、パナソニック東京ガスなど9社とコンソーシアムを組み、秋元孝之教授(建築工学科)を中心に建築工学科の教員と学生も交えてプラン「母の家2030-呼吸する屋根・環境シェルターによるシェア型居住スタイル」を作成し、この事業に応募し採択された。

これから企業と共に本格的に計画を進めていき、実際にモデルハウスの建築を目指す。モデルハウスは、2014年1月29日(水)~31日(金)まで東京ビッグサイトで行われる国際的な省エネルギーに関するイベント「ENEX2014」で展示される予定。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)は、高断熱性能、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅のことをいう。政府は、2030年の住宅・建築物でのネット・ゼロ・エネルギー化の実現を目指している。

日本のエネルギー消費は、住宅・ビルが約3割を占めており、特に一戸建てあたりのエネルギー消費量が大きく、多数に分散してしまう戸建て住宅の省エネ化が課題となっている。加えて、東日本大震災以降、エネルギーセキュリティに関する国民の関心は極めて高く、住宅についてもエネルギーを地産地消するZEHへの注目が高まっている。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の標準化に係る調査・実証事業」は、経済産業省資源エネルギー庁の平成25年度「住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業」の一環として実施されるもの。ZEHに係る先進的な技術をいち早く市場に展開すべく、関連する技術開発や実証を推進しようとしている大学や民間事業者等の取組について幅広く提案を募り、先端的な技術を取り込んだZEHの実証および展示を行うことを目的としている。今回、多数の応募の中から、5大学(東京大学、千葉大学、慶應義塾大学、早稲田大学、芝浦工業大学)のプロジェクトが採択された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.