> > マツダ、新型アクセラの予約販売を開始 最新技術搭載車は75%減税・免税

マツダ、新型アクセラの予約販売を開始 最新技術搭載車は75%減税・免税

 印刷 記事を保存

マツダは、新型スポーツコンパクト「アクセラ」の予約販売を10月10日より開始した。同車は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」、新開発の「アクティブエアシャッター」など最新技術を導入し、環境性能を高めたのが特長。また、日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で国内市場に投入した。

価格は171万1,500円~(消費税込)。「SKYACTIV-G1.5」(2WD)「SKYACTIV-G2.0」(AT)搭載車は、エコカー減税により75%減税、「SKYACTIV-HYBRID」車は免税となる。月間販売計画は3,000台。11月21日にガソリン車とハイブリッド車を発売し、順次発売する予定。

(※全文:926文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.