> > マツダ、新型アクセラの予約販売を開始 最新技術搭載車は75%減税・免税

マツダ、新型アクセラの予約販売を開始 最新技術搭載車は75%減税・免税

記事を保存

マツダは、新型スポーツコンパクト「アクセラ」の予約販売を10月10日より開始した。同車は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」、新開発の「アクティブエアシャッター」など最新技術を導入し、環境性能を高めたのが特長。また、日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で国内市場に投入した。

価格は171万1,500円~(消費税込)。「SKYACTIV-G1.5」(2WD)「SKYACTIV-G2.0」(AT)搭載車は、エコカー減税により75%減税、「SKYACTIV-HYBRID」車は免税となる。月間販売計画は3,000台。11月21日にガソリン車とハイブリッド車を発売し、順次発売する予定。

環境性能の面では、「SKYACTIV-G2.0」搭載車には、新開発の「アクティブエアシャッター」を採用。エンジンを冷却する必要がない状態では、ロアグリル開口部へ侵入する空気を遮断することで空力性能を高めるとともに暖房時間の短縮に寄与し、実用燃費が向上した。「SKYACTIV-G」全車と「SKYACTIV-D2.2」搭載車には、アイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)を標準装備。「SKYACTIV-G2.0」「SKYACTIV-G2.2」搭載車には、アテンザに採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を標準装備している。

アクセラは、2003年の発売から約10年間、世界120カ国で370万台以上が販売され、マツダの販売台数の3割を超える基幹車種。今回発売された新型アクセラは、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」に引き続き、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した第3弾のモデル。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」、独自の新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダ コネクト)」を導入し、デザイン、走り、安全性にこだわっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.