> > 京大など、量子ドット太陽電池の電圧低下要因を解明 限界突破に一歩前進

京大など、量子ドット太陽電池の電圧低下要因を解明 限界突破に一歩前進

 印刷 記事を保存

京都大学は、微細な半導体の結晶である半導体量子ドットを用いた太陽電池で課題であった、電圧が低下する原因を突き止めたと発表した。本成果により、結晶シリコン太陽電池の限界を超える次世代太陽電池の高効率化に向けた設計指針が提供された。

現在、広く実用化されている結晶シリコン太陽電池(単接合型)のエネルギー変換効率(20%程度)は理論的な限界に近づいており、次の新しい高効率化技術が求められている。そのひとつとして、大きさがナノメートル(10億分の1メートル)サイズの半導体微結晶である量子ドットを用いた太陽電池が理論的には40%以上という高い変換効率が期待されており、注目されている。

(※全文:1,372文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.