> > 環境省、企業管理職向け「環境経営力研修」を11月に東京で開催

環境省、企業管理職向け「環境経営力研修」を11月に東京で開催

記事を保存

環境省は、11月8日、13日に、平成22年度に作成した「環境人材育成に係るガイドライン」を活用した環境経営の実践力養成のための研修を開催する。

同研修では、企業経営の中で環境問題を成長要因として捉え、企業価値の増大に資する環境経営を実践する意思と能力を持った人材「環境人材」の育成を目指す。具体的には、「環境問題の本質を理解するためのマクロ的・鳥瞰的視野」「国内外の環境政策動向とその将来予測」「バリューチェーンマネジメント全体での対応の必要性」「企業価値を高めるソリューション創出の必要性」等を学び、グループワークを通して受講生自らが考え、「解」を導き出すトレーニングを行うことで、企業価値の増大に資する「攻めの環境経営」を実践する人材を養成する。

対象は、企業の管理職。具体的には、経営戦略、研究開発、商品企画、調達、総務人事、環境・CSR等において、環境経営の実践を通し、新たな企業価値創造を目指す管理職や、企業人として経済社会のグリーン化の実現を目指す意思を持つ方。会場は、新丸の内ビルディング エコッツェリア会議室。受講料は無料。定員は30名(1社1名まで)。受講希望者は、事前の申込みが必要。応募締切は、10月24日。なお、同一内容の研修を平成26年1月24日、29日の日程で大阪市においても開催予定。

研修のプログラムは以下の通り。

【1日目】11月 8日(金)

■第1部(13:00~16:10)
<環境基礎力講座>「環境問題と企業活動」
講師:森下研氏(持続性推進機構専務理事、エコアクション21中央事務局事務局長)

■第2部(16:20~19:30)
<環境実践力講座 I>「環境政策の動向・将来展望と企業活動」
講師:石野耕也氏(中央大学法科大学院教授、元環境省審議官)

【2日目】11月13日(水)

■第1部(13:00~16:10)
<環境実践力講座II>「バリューチェーンマネジメントと環境・CSRの取組」
講師:後藤敏彦氏(環境監査研究会代表幹事、グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク理事)

■第2部(16:20~19:30)
<戦略的思考力講座>「環境ソリューションの創出」
講師:石田秀輝氏(東北大学大学院環境科学研究科教授)

環境省は、環境、経済、社会を統合的に向上させる持続可能な社会の構築に向けて、強い意欲を持ち、各自の専門性を発揮しつつ、社会をリードする「環境人材」の育成を目指し、各種取り組みを進め、この一環として「環境人材育成に係るガイドライン」を作成し、研修等で活用、実証を重ねてきた。今回の研修は、昨年度の「企業向け環境教養研修」開催に続き、「環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)」と連携して実施する。

【参考】
環境省 -
企業向け環境経営力研修の東京開催について ~「環境人材」の育成を目指す~(お知らせ)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.