> > 城南信用金庫の業務用車両に三菱「i-MiEV」 金融機関とのモニタリングは初

城南信用金庫の業務用車両に三菱「i-MiEV」 金融機関とのモニタリングは初

 印刷 記事を保存

三菱自動車工業は、城南信用金庫(東京都品川区)と連携し、電気自動車(EV)実証モニタリングを開始する。三菱自動車ではこれまで、多様な相手先との間でEV実証モニタリングを実施してきているが、金融機関との連携によるモニタリングは初の試みとなる。

今回の実証モニタリングでは、三菱自動車は、城南信金にモニター用車両としてEV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」3台を貸与する。城南信金は、この3台の「i-MiEV」を営業部本店、池上支店、碑衾支店に各1台配置、業務用車両として使用する中でその実用性を検証する。また、EVに関心を持つ顧客向けに試乗機会を提供するなどの普及促進活動にも活用していく。

(※全文:640文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.