> > プラ製品の店頭回収・リサイクルの実証プロジェクト3回目 参加企業46社に増加

プラ製品の店頭回収・リサイクルの実証プロジェクト3回目 参加企業46社に増加

 印刷 記事を保存

環境省は、回収参加企業等46社の協力のもと、スーパーの店頭等で、文具やおもちゃなどのプラスチック製品の回収を行うリサイクルの実証事業「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」を開始する。

環境省では、平成23年度に、プラスチック製品の専門店店頭での回収・引取実証事業を開始し、平成24年度は、スーパーマーケット店頭での参加店舗数やエリアを拡大して実施してきた。今年度は、新たに家電量販店店頭での参加店舗数やエリアを拡大して、回収・引取実証事業を行い、これらの実証事業を踏まえプラスチック製品の持続可能な回収・リサイクルスキームについて検討を行う。本実証事業は、日本環境設計が事務局となる「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」として実施する。

本実証事業の概要は以下のとおり。

(※全文:1,266文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.