> > 日産、電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開

日産、電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開

記事を保存
日産、電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を17日、日本で初めて公開した。本マシンは、ル・マン24時間レースが開催される8.5マイルのサーキット1周を電力だけで初めて走行する予定。

この「Nissan ZEOD RC(Zero Emission On Demand Racing Car、ズィーオッド アールシー)」は、ル・マン24時間レースの主催者であるACO(西部自動車クラブ)から、革新的な技術を披露するマシンのための特別エントリー枠「ガレージ56」が与えられており、2014年の同レースへの参戦を予定している。

日産は、将来的に計画しているLMP1(ルマンプロトタイプ1)クラス参戦を見据えながら、新しい電気自動車技術を開発するためのテスト車両として「Nissan ZEOD RC」を活用していく。

今回公開したマシンは、電気自動車「リーフ」をベースとした初めてのEVレーシングカーであるNissan LEAF NISMO RCの開発を通じて蓄積した技術、例えば、エネルギーマネジメントや高効率な回生システムなどを活用している。今年のル・マン24時間レースで発表された展示用のプロトタイプに比べ、新型の冷却インテーク、エアロダイナミクスの変更など、大幅な改良を施している。

ドライバーは、電力駆動と小型軽量ターボエンジンによる駆動を切り換えることが可能で、ブレーキ回生により、バッテリーに充電する。このマシンの最高速度は時速300km以上になるという。

全日本GT選手権(SUPER GTの前身)やFIA GT1世界選手権でタイトルを獲得した経験を持つ、ミハエル・クルムが、今後、ルーカス・オルドネスと共にテストドライバーとして、このマシンの開発に携わる。これまでル・マンでは見ることのなかった技術をマシンに投入していくとしている。

今週末、富士スピードウェイで開催されるFIA世界耐久選手権(WEC)で日本のファンは、この「Nissan ZEOD RC」を間近で見ることができる。今回、WEC富士戦で「Nissan ZEOD RC」の実車を公開するために、英国で行っていたテストを中断し、マシンを日本まで空輸した。

日産は、これまでに電気自動車(EV)「リーフ」を世界で8万台以上販売している。この「Nissan ZEOD RC」は、電気自動車でレース界をリードしていくための第一歩と位置付けている。また、このマシンが将来の「リーフ」やその他の量産電気自動車の開発に役立てていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.