> > 住友林業など、北海道で50MWの木質バイオマス発電 林地残材や間伐材を主燃料に

住友林業など、北海道で50MWの木質バイオマス発電 林地残材や間伐材を主燃料に

 印刷 記事を保存

住友林業と住友共同電力は、共同出資でバイオマス発電会社および木質燃料チップ製造会社を設立し、北海道紋別市において発電規模50MWのバイオマス発電施設を建設し、発電事業を開始する。事業開始に伴う総投資金額は約150億円となる見込み。

発電設備は、北海道紋別市が所有する紋別港埠頭内工業用地に建設する。発電所は2014年9月に着工、2016年8月以降の試運転を経て、2016年12月に営業運転を開始する予定。

両社は、未利用の林地残材や間伐材等を利用したバイオマス発電会社「紋別バイオマス発電」、および発電所に供給する燃料チップ製造会社「オホーツクバイオエナジー」の2社を合弁にて設立する。紋別バイオマス発電の資本金は4.9億円、オホーツクバイオエナジーの資本金は1億円。出資比率はともに、住友林業が51%、住友共電が49%。

(※全文:1,154文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.