> > MEMS市場、2013年度は390億円 2016年は810億円に拡大か

MEMS市場、2013年度は390億円 2016年は810億円に拡大か

記事を保存
MEMS市場、2013年度は390億円 2016年は810億円に拡大か

2013年度の国内マンションエネルギー管理システム(MEMS)市場規模は390億円となる見込み。今後、MEMSの価値と効果が定着するかがカギとなるが、2016年度の同市場は810億円になると予測される。矢野経済研究所が国内MEMS市場を調査した結果として発表した。

本レポートの概要は以下の通り。

マンション等集合住宅に対する省エネ手段として、2013年度からMEMSを導入するマンションに補助を交付する、経済産業省の「スマートマンション導入加速化推進事業」が開始され、MEMS市場が事実上立ちあがった。MEMSアグリゲーター24社が申請窓口となる事業費補助金申請には、スマートメータの採用と見える化、制御機能、エコーネットライト(ECHONET Lite)への対応等が条件となるが、高圧一括受電やインターネット接続サービス、セキュリティサービス、インターフォンなどもオプション扱いで補助金の対象となることで、マンションへのMEMS導入のしやすさ、普及促進を図っている。

2013年度の国内MEMS市場規模(事業者売上高ベース)を390億円と見込む。ただし、MEMSアグリゲータ24社の実質的な事業開始時期や営業展開において差が出ていることから、見込みを大きく下回る可能性もあるとみている。

MEMSアグリゲータは、その事業背景から高圧一括受電系、通信系、システム機器メーカ系、マンション管理・設備系の4タイプに分類できる。それぞれ事業展開での強み・弱みを持つが、提供している機能やサービスは現段階では発展途上で、今後の開発余地を残している。2013年度においては、これまでに先行して採用に向け商談を進めてきた案件が需要の中心になっており、高圧一括受電事業者を兼ねる、あるいはマンションデベロッパーとの関係が強いMEMSアグリゲータが有利に展開している。

今後の市場予測として、2015年度頃までに高圧一括受電とは異なる、MEMSとしての独自機能やサービス、効果がユーザに認知されれば、マンションのスマート化手段として定着し、新築マンションだけでなく既築マンションにも普及していくとみている。MEMS市場規模(事業者売上高ベース)は、2014年度に前年比128.2%の500億円、2015年度に前年比147%増の735億円となり、2016年度に前年度比110.2%の810億円になると予測する。

本調査におけるMEMS市場規模は、「スマートマンション導入加速化推進事業」におけるMEMSアグリゲータ各社の売上高から算出した。MEMSアグリゲータとは、マンションにMEMSを導入するとともに、クラウド等によって自ら集中管理システムを設置し、補助事業者に対しエネルギー管理支援サービスを行う事業者のことをいう。

本調査は2013年7月~9月に実施。調査対象はMEMSアグリゲータ及びその関連団体、システム機器メーカ等。調査は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用して行った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.