> > エコドライブ・省エネ機器を導入する運送業者に補助金 経費の50%を支援

エコドライブ・省エネ機器を導入する運送業者に補助金 経費の50%を支援

記事を保存

国土交通省は、経済産業省との連携により行う、平成25年度「省エネ型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネ型陸上輸送実証事業)」に係る補助事業者の公募を開始する。

同事業は、省エネ型トラック運送に係る「エコドライブ総合プログラムの実施」「革新的省エネ機器の導入」の実施に必要な経費の一部を補助するもの。民間団体等が行う、自動車運送事業者等の実燃費改善に係る実証事業等の取り組みに関する一部の経費を補助することにより、陸上輸送部門における省エネ推進を目指す。補助率1/2。公募期間は11月5日~19日。

各事業の概要は以下の通り。

【1】省エネ型トラック運送に係る実証事業
(エコドライブ総合プログラムの実施支援)

一般貨物自動車運送事業者等がコンサルタントからのエコドライブ指導や、エコドライブ管理システム機器の導入に対して支援を行い、実燃費改善を図ることにより、トラック輸送の省エネ化の取り組みを促進する。

【2】省エネ型トラック運送に係る実証事業
(革新的省エネ機器の導入支援)

一般貨物自動車運送事業者等が行う革新的省エネ機器の導入に対して支援を行い、実燃費改善を図ることにより、トラック輸送の省エネ化の取り組みを促進する。具体的には、荷台の上に設置する太陽電池や、電気式HV式のトラックの冷凍・冷蔵システムにバッテリーからの電力供給を行うシステムなど、それらの設計費が対象となる。

なお、「省エネ型ロジスティクス等推進事業費補助金」に関しては、「省エネ型陸上輸送実証事業(スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業)」に係る補助事業者の公募も行われる。同事業は、自動車の省エネ性能の維持に必要なスキャンツール本体の購入を行う自動車整備事業者に対し、購入経費の一部を補助するもの。補助率1/3、補助上限額10万円。公募期間は11月15日~22日。

【参考】
国土交通省 - 省エネ型トラック運送に係る「エコドライブ総合プログラムの実施の実証事業」及び「革新的省エネ機器の実証事業」の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.