> > 省エネ改修を行うビルに国がCO2削減の無料診断 改修前後の比較が可能

省エネ改修を行うビルに国がCO2削減の無料診断 改修前後の比較が可能

記事を保存

環境省は、「平成25年度 グリーンビルディング普及促進に向けた改修効果モデル事業委託業務」の一環として、平成25年度~27年度にかけて省エネ改修等を予定している中小ビルの事業者を対象に、費用対効果やCO2排出削減余地等に関するアドバイスの提供や実測診断を無料で実施する。

これに伴い、モデル事業所の募集を開始する。一次募集と二次募集があり、一次募集の応募受付期間は11月5日~22日、二次募集の応募受付期間は11月25日~12月13日。診断実施時期は、いずれも12月下旬~平成26年2月下旬の予定。一次・二次の募集全体を通じて、改修等前診断270件程度、改修等後診断75件程度を予定。

この事業は、環境省が診断機関を派遣し、中小のビル等における省エネ対策として、設備の導入・運用状況等を無料で計測・診断するもの。建物諸元(床面積、竣工年等)、設備の保有状況、テナントの状況等の基礎データを踏まえ、省エネ改修等(チューニング(運用改善)を含む)を実施する前と後でエネルギー使用量の計測を行う。計測データの比較から改修等によるエネルギー・CO2削減効果やエネルギーコストの削減効果を分析し、中小ビルの省エネ・省CO2対策や今後の対策に活用する。

対象事業所の条件は以下の通り。

  • 延床面積がおおむね300平方メートル以上10,000平方メートル以下の業務用ビル(駐車場は含まない)。
  • 用途は、オフィスビル、庁舎、商業施設、病院、ホテル、学校、飲食店等の業務用ビル(工場は対象外)。
  • エネルギー削減、CO2削減のための改修等を予定又はすでに実施している事業所(改修等には、チューニングのみも含む)。
  • テナント形式のビルが望ましいが、自社ビルでも可。

診断機関による実測診断にかかる事業所の費用負担は不要。ただし、応募書類準備に要する費用(応募資料作成のための費用、郵送費等)は応募事業所の負担。改修等(チューニングを含む)は自己負担。

事業者は、診断を受けることにより「どのような対策を行えばどのくらいコストが削減できるのか」を把握できる。また、改修等を考えている事業所は、計測結果を国等の支援制度の活用を検討する際の基礎資料とすることができる。

なお、同診断を受ける事業所の公募に伴い、11月8日より全6会場で公募説明会が実施される。参加は無料。希望者は三菱総合研究所のホームページから申込みが必要。

【日程と会場】
11月8日(金)札幌会場/TKP札幌駅カンファレンスセンター
11月11日(月)福岡会場/博多バスターミナル
11月12日(火)大阪会場/エル・おおさか(大阪府立労働センター)
11月13日(水)名古屋会場/TKP名古屋ビジネスセンター
11月14日(木)東京会場/都道府県会館
11月15日(金)仙台会場/仙台ガーデンパレス

【参考】
環境省 - 平成25年度「中小ビル改修効果モデル事業」モデル事業所の募集及び公募説明会の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.