> > パナソニックとテスラ、EV用電池の供給拡大契約を締結

パナソニックとテスラ、EV用電池の供給拡大契約を締結

記事を保存

パナソニックは、米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズに、EV用リチウムイオン電池の供給を拡大すると発表した。同社が供給する電池は、テスラの高級EVセダン「モデルS」と同様に2014年末までに量産予定の多目的車「モデルX」にも搭載される。

両社は、今回、2011年に締結した契約を更新および拡充した、EV用電池供給拡大の契約を締結した。2011年の契約は、パナソニックがテスラに対して、2012年に量産体制に入る「モデルS」向けに、4年間で8万台分以上のリチウムイオンを供給するというものだった。今回の契約では、「モデルS」と「モデルX」向けに、今後の4年間(2014年~2017年)で約20億セルのリチウムイオン電池を供給する。

両社は、EV用の次世代電池を開発、EV市場の拡大を加速するなど、これまで複数年に亘る協力関係を築いており、このことが今回の契約締結につながった。パナソニックの円筒形のリチウムイオン電池を複数組み込んだテスラのEV用電池を搭載した「ロードスター」と「モデルS」の走行実績は、2億km以上に達している。

さらに今回、パナソニックとテスラは、最高のエネルギー密度と性能を実現する次世代の電池を開発した。パナソニックの円筒形リチウムイオン電池は、特にEVの品質や寿命を最適化するように開発され、テスラは、これらの電池をパックして、「モデルS」でNEDC(新欧州ドライブサイクル)における推定航続距離において、業界をリードする約500kmを実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.