> > 東芝、スマートコミュニティ事業の拠点となる新センターをオープン

東芝、スマートコミュニティ事業の拠点となる新センターをオープン

 印刷 記事を保存

東芝は、10月31日、スマートコミュニティ事業体制の強化を目的に、「スマートコミュニティセンター」を神奈川県川崎市に開所した。新センタービルでは、最先端技術を取り入れ、ビル全体の省エネ率32%を実現するとともに、非常時にも事業継続可能な環境を整備。同事業における東芝ブランドの発信拠点としての役割を担う。

新センターには、グループ会社を含め、スマートコミュニティ事業に関連する部門のを順次集結させる。新センターを拠点に、東芝グループの連携を一層強化し、スマートコミュニティ事業のグローバル展開のさらなる加速を目指す。

また、新センターでは、電力の最適制御に加え、最適空調制御システム、画像センサ応用照明制御などを導入し、省エネルギーと快適性を高いレベルで両立させた。また、免震構造の採用や非常用自家発電装置、同社二次電池SCiBを用いたエレベーター停電時継続運転システム、災害時電力需給制御システムなどの導入により、災害時でも同社社会インフラ事業の継続性(BCP)を確保している。

(※全文:1,487文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.