> > トヨタ、愛知県内で電気自動車等の充電器に関する実証実験を開始

トヨタ、愛知県内で電気自動車等の充電器に関する実証実験を開始

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、愛知県の4自治体(蒲郡市、豊橋市、西尾市、幸田町)及び13企業・団体と共同で、2013年11月15日から2014年3月15日まで、プラグインハイブリッド車(PHV)電気自動車(EV)など電気利用車両用の普通充電器に関する実証実験を行う。

同実験は、2012年度に引き続いて行われるもので、2013年度は、昨年度の実証実験で利用実績が多かった商業施設に加え、PHV・EVユーザーから設置要望のあった宿泊施設や周辺の観光施設等まで対象を広げ、最適な充電器の設置場所や利用しやすい認証方法等について調査・検証を行い、設置活動を支援する。今回の実証実験で使用する充電器は、昨年度までに設置を行った充電器32基(一部補助金対象外含む)に、新たに設置を予定している40基を加え、計72基。

主な取り組み事項は以下の通り。

(※全文:803文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.