> > トヨタ、愛知県内で電気自動車等の充電器に関する実証実験を開始

トヨタ、愛知県内で電気自動車等の充電器に関する実証実験を開始

記事を保存

トヨタ自動車は、愛知県の4自治体(蒲郡市、豊橋市、西尾市、幸田町)及び13企業・団体と共同で、2013年11月15日から2014年3月15日まで、プラグインハイブリッド車(PHV)電気自動車(EV)など電気利用車両用の普通充電器に関する実証実験を行う。

同実験は、2012年度に引き続いて行われるもので、2013年度は、昨年度の実証実験で利用実績が多かった商業施設に加え、PHV・EVユーザーから設置要望のあった宿泊施設や周辺の観光施設等まで対象を広げ、最適な充電器の設置場所や利用しやすい認証方法等について調査・検証を行い、設置活動を支援する。今回の実証実験で使用する充電器は、昨年度までに設置を行った充電器32基(一部補助金対象外含む)に、新たに設置を予定している40基を加え、計72基。

主な取り組み事項は以下の通り。

【1】4自治体と連携し、域内の宿泊施設・観光施設に充電器を重点的に設置し、これによる集客効果やPHV・EVの認知度の変化について検証する。期間中、実証実験の告知や充電器の利用促進のために、実証実験に参加する自治体の施設等へポスター掲示等を実施する。

【2】充電器とその認証カードの利便性を高めるため、トヨタメディアサービス製充電器「G-Station」専用の認証カード(プリウスPHV会員カード)を豊田自動織機製充電器「EVC1」にも対応可能とし、新規ユーザーの増加の有無など利用実態を検証する。

【3】設置事業者による設置コスト等の回収手段として、引き続きコイン投入方式(100円/回)の充電器を一部の観光施設等にも設置して利用料を徴収することで、利用者の動向や料金の妥当性を検証する。

なお、同実証実験は、愛知県の「新あいち創造研究開発補助金」の2013年度補助対象事業として採択されており、補助金は最適な充電器の設置場所や利用しやすい認証方法等についての調査・検証の支援に充てられる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.