> > ルノー・日産と三菱自、電気自動車の共同開発などでグローバルに連携

ルノー・日産と三菱自、電気自動車の共同開発などでグローバルに連携

記事を保存

ルノー・日産アライアンスと三菱自動車は、電気自動車の共同開発を含む、広範囲なグローバルな商品・技術において協力関係を検討していくと発表した。これにより、日産と三菱自動車の戦略的協力関係が、ルノー・日産アライアンスにまで拡大することになる。

両者は、11月5日、商品、技術、生産能力を3社で共用する新たなプロジェクトを共同で検討することに合意した。新たなプロジェクトでグローバルな商品展開と生産能力の活用を促進する。

日産と三菱自動車は、両ブランドの軽自動車を共同開発するために、2011年6月、合弁会社の株式会社NMKVを設立。同社で手掛けた初めての商品である、日産「デイズ」と三菱「eKワゴン」は、今年日本で発売された。両車とも、三菱自動車の水島製作所で生産されている。

今回の提携では、NMKVを発展・強化し、電気自動車バージョンを含む、新たなグローバルエントリーカーの共同開発を検討している。この車両は、日本国内市場で人気の高い軽自動車のプラットフォームをベースとする予定。なお、商品、販売市場、生産に関する詳細は別途発表する予定。

また、ルノー・日産アライアンスと三菱自動車は、電気自動車および最新のプラットフォームに関連した技術と商品を共用していく考えだ。ルノー、日産、三菱自動車は、共に量販型ゼロエミッション車の発売においてパイオニアでもある。

ルノーと三菱自動車は、まず、ルノーの車両をベースにした三菱ブランドの新型セダン2車種の発売を検討している。セダン第1弾は、米国およびカナダの中型セダン(Dセグメント)市場に投入を予定するもので、韓国、釜山のルノー・サムスン工場で生産する。セダン第2弾は、グローバルの小型セダン(Cセグメント)市場に投入を予定するもので、生産工場は現在協議中。それ以降のプロジェクトについても今後検討を行っている。

三菱自動車と日産による日本での軽自動車の共同プロジェクトの評価を得て、今回、協力関係の拡大に向けた検討を行っていくことを判断した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.