> > 富士通、CDPの気候変動パフォーマンス・情報開示先進企業に選定

富士通、CDPの気候変動パフォーマンス・情報開示先進企業に選定

 印刷 記事を保存

富士通は、「温室効果ガス排出量の削減」及び「気候変動リスクの緩和に対する活動と気候変動情報開示に対する活動」に対し、カーボンディスクロジャープロジェクト(CDP)から高い評価を受け、昨年に引き続き、「気候変動パフォーマンス先進企業(CPLI)」及び「気候変動情報開示先進企業(CDLI)」に選定された。

同社は、運用資産総額87兆米ドルを有する722の機関投資家を代表してCDPから送付された、温室効果ガス排出量や気候変動がもたらすリスクや機会などの気候変動情報開示を求める質問書に回答。その結果、調査対象となった日本企業500社(FTSEジャパンインデックスを基本とする大手企業500社/ジャパン500)の中で、気候変動戦略や温室効果ガス排出削減活動について最も優れた企業の1社として...

(※全文:663文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.