> > 関西電力、福井県の日本海沿岸で太陽光発電所を運転開始

関西電力、福井県の日本海沿岸で太陽光発電所を運転開始

記事を保存
関西電力、福井県の日本海沿岸で太陽光発電所を運転開始

関西電力は、福井県若狭地域のおおい町で整備を進めていた「若狭おおい太陽光発電所」の営業運転を開始した。同発電所は、同社としては堺発電所(大阪府)に次いで2カ所目の太陽光発電となる。出力は500kW。年間発電電力量は50万kWh(一般家庭の消費電力量約150軒分に相当)。年間CO2削減量は約240トン。

同社は、平成22年より、おおい町、高浜町の2地点で合計約1,000kWの太陽光発電所建設の準備を進めてきた。高浜町では、平成26年の竣工を目指して「若狭高浜太陽光発電所(仮称)」の建設準備を進めている。

【参考】
関西電力 - 福井県若狭地域における大規模太陽光発電所の建設について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.