> > ホンダ、「最先端」省エネ工場を公開 FEMS活用や塗装工程改善など

ホンダ、「最先端」省エネ工場を公開 FEMS活用や塗装工程改善など

 印刷 記事を保存

ホンダは、11月7日、高効率で環境負荷の少ない四輪車の生産を実現した埼玉製作所寄居工場(埼玉県大里郡寄居町)を初めて公開した。

寄居工場では、人と環境に配慮した「環境負荷の小さい製品を最も環境負荷の小さい工場で作り出す」というコンセプトのもと、世界トップクラスの省エネルギー工場を目指した最先端の生産技術と高効率な生産体質を構築した。

ホンダは、革新技術を投入した寄居工場を、世界中のホンダの工場をリードしていく工場と位置付けている。新型「フィット」を皮切りに、今後発売予定の小型SUVや小型セダンなど、グローバルコンパクトシリーズを集中生産することにより...

(※全文:879文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.