> > 東京都港区・温室効果ガス排出量に関する企業向けのシンポジウムが開催

東京都港区・温室効果ガス排出量に関する企業向けのシンポジウムが開催

 印刷 記事を保存

環境省は、12月16日に「温室効果ガス排出量の算定・報告・検証を巡る最新動向と日本企業のグッドプラクティス」と題したシンポジウムを開催する。同シンポジウムは、企業のGHG排出量算定担当者や地球温暖化対策の担当者を対象に、企業の温室効果ガス(GHG)排出量の適切な算定・報告・検証(MRV)を巡る国際動向と、それに対応する日本企業のグッドプラクティスの紹介を通じて、企業におけるGHG管理に係る課題の解決や取組の促進を後押しするもの。

会場は東京コンファレンスセンター品川(東京都港区)。参加費は無料。定員は150名程度(先着順)。参加希望者は、シンポジウム事務局(有限責任監査法人トーマツ)へ事前の申込みが必要。

シンポジウムの主な内容は以下の通り。

(※全文:679文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.