> > 六本木ヒルズのクリスマスツリー 今冬は防雨加工した有機EL照明でイルミネーション

六本木ヒルズのクリスマスツリー 今冬は防雨加工した有機EL照明でイルミネーション

記事を保存
六本木ヒルズのクリスマスツリー 今冬は防雨加工した有機EL照明でイルミネーション

パイオニアは、同社と三菱化学が販売する有機EL照明パネル「VELVE(ヴェルヴ)」™が、六本木ヒルズ(森ビル)のクリスマスツリーに採用されたと発表した。

同製品は、六本木ヒルズが開催するイルミネーションイベント「Roppongi Hills 10th Anniversary Christmas」において、六本木ヒルズの玄関口である66プラザに設置される、高さ10mのクリスマスツリーに216枚(14㎝角が108枚、7㎝角が108枚)組み込まれる。

今回、同製品には防雨加工が施され、有機EL照明が屋外で長時間使用される例となる。イルミネーションデザインを担当した、ライティングデザイナー内原 智史氏は、VELVE採用の理由について、本製品は環境に配慮しつつ豊かな色彩表現が可能であることを挙げ、今後多様な用途への可能性がある光源であると述べている。

三菱化学とパイオニアは、MCパイオニアOLEDライティング(両者出資の販売会社)を通し、有機EL照明の本格的な展開を目指しており、2014年1~3月を目処に世界初の「発光層塗布型」有機EL照明モジュールの量産出荷を開始する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.