> > 日本TI、照明器具用LEDをコスト削減・小型化・簡素化する技術を開発

日本TI、照明器具用LEDをコスト削減・小型化・簡素化する技術を開発

 印刷 記事を保存

日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は、照明器具用LEDのオフライン・リニア駆動回路を簡素化する、業界初の「フローティング・スイッチ・アーキテクチャ」を開発し、この新アーキテクチャを採用し、『TPS92411』フローティングMOSFETスイッチを新しく製品化したことを発表した。

現在、LED照明のスイッチング・モード電源(SMPS)トポロジーには、一般的にフライバック、降圧、昇圧型コンバータが使われており、こうした従来型の方式は動作周波数が高く、一次側のAC電流を、LED駆動に必要なDC定電流に変換するためには、誘導部品が必要となる。

誘導部品は高価で選択肢も複雑で、さらに、SMPS回路による他の電子製品への悪影響防止のために、4~10個の受動部品で構成される電磁妨害(EMI)フィルタも必要となる。また、位相調光が必要な場合、調光器との互換性の最適化とLED照明のちらつき防止のために、設計を数度にわたって繰り返すケースも多い。

(※全文:780文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.