> > 「藻からジェット燃料」、IHIが太陽光だけでの安定培養に成功

「藻からジェット燃料」、IHIが太陽光だけでの安定培養に成功

記事を保存
「藻からジェット燃料」、IHIが太陽光だけでの安定培養に成功

IHI NeoG Algae合同会社(神奈川県)は、IHIが保有するプラント技術により、油分を大量に含む藻の屋外での100平方メートル規模による安定培養に成功した。

今回の培養試験で利用した藻は、神戸大発のベンチャー企業 ジーン・アンド・ジーンテクノロジー(G>)が発見した高速増殖型ボツリオコッカス(榎本藻)をベースに、ネオ・モルガン研究所(NML)が様々な改良を加えたもの。屋外の開放型の池で、増殖に必要なエネルギー源として太陽光のみを利用し、他の藻類や雑菌などに負けない培養方法を開発したことで、藻を高濃度で安定的に増殖させることができるのが特長。

IHI NeoG Algae合同会社は、次のステップとして、量産を見据え数千平方メートル規模での培養を実現するための場所の選定と、さらなるコスト低減に向けたプロセス改良を進めている。また、生産する油は、日本発の産業として力強く歩んでいけるようにという思いをこめて藻+油より「MOBURA(モブラ)」と名付けられた。今後は、ジェット燃料を中心にMOBURAを利用した燃料以外の様々な用途開発に関する共同研究も本格化。共同研究は、広くオープンイノベーションの形式で推進し、MOBURAを利用した幅広い産業の創生を目指す。

なお、IHI NeoG Algae合同会社は、藻類バイオ燃料に関する技術開発を目的に、IHI、G>及びNMLの3社で2011年8月に設立。今回の開発の一部には、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業」の資金を活用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.