> > 「藻からジェット燃料」、IHIが太陽光だけでの安定培養に成功

「藻からジェット燃料」、IHIが太陽光だけでの安定培養に成功

 印刷 記事を保存

IHI NeoG Algae合同会社(神奈川県)は、IHIが保有するプラント技術により、油分を大量に含む藻の屋外での100平方メートル規模による安定培養に成功した。

今回の培養試験で利用した藻は、神戸大発のベンチャー企業 ジーン・アンド・ジーンテクノロジー(G>)が発見した高速増殖型ボツリオコッカス(榎本藻)をベースに、ネオ・モルガン研究所(NML)が様々な改良を加えたもの。屋外の開放型の池で、増殖に必要なエネルギー源として太陽光のみを利用し、他の藻類や雑菌などに負けない培養方法を開発したことで、藻を高濃度で安定的に増殖させることができるのが特長。

(※全文:667文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.