> > 岐阜県の奥飛騨温泉で地熱発電 東芝・オリックスが開発、2015年に稼働予定

岐阜県の奥飛騨温泉で地熱発電 東芝・オリックスが開発、2015年に稼働予定

記事を保存
岐阜県の奥飛騨温泉で地熱発電 東芝・オリックスが開発、2015年に稼働予定

東芝オリックス地熱発電事業に参入する。岐阜県高山市で、温泉事業者と連携し、2015年の発電開始を目標に発電出力2MW規模の地熱発電所の建設を進める計画だ。地熱発電設備は小型の東芝製発電設備を設置する予定。

両社は共同で地熱発電事業会社「中尾地熱発電」(岐阜県高山市)を11月19日に設立し、新会社を通じて岐阜県奥飛騨温泉郷中尾地区において地熱発電事業を推進すると発表した。

中尾地熱発電の資本金は1億9,800万円で、東芝が55%、オリックスが45%を出資する。北アルプスの麓にある飛騨温泉郷中尾地区の源泉は蒸気量が豊富で高温であり、地熱発電に適していると評価されている。

設置を予定している地熱発電設備は、出力1,000~2,000kW(1~2MW)のコンパクトな東芝製発電設備「GeoportableTM(ジオポータブル)」。狭い敷地面積に設置可能で、据付工期が短いことなどを特長とする。

東芝は、グローバルで地熱発電設備の約半世紀にわたる納入実績があり、発電設備容量ベースで世界トップシェアを確立している。今回、地熱発電事業に参入することで、再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、水力、太陽光、風力発電システムなど再生可能エネルギー事業の拡大を図っていく。

オリックスは、太陽光発電やバイオマス発電などの再生可能エネルギーを活用した発電事業を積極的に推進している。また、温泉旅館の再生事業としてグループで運営している「杉乃井ホテル」(大分県別府市)では、自家用では国内最大規模となる最大出力1,900kW(1.9MW)の地熱発電所を保有・運営している。オリックスは、発電事業と温泉旅館の運営ノウハウを生かして地熱発電事業に参入し、全国複数ヵ所で事業化を目指す考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.