> > 光、熱、震動で最小レベルの発電と電源管理が可能な「超低消費電力電源回路」

光、熱、震動で最小レベルの発電と電源管理が可能な「超低消費電力電源回路」

 印刷 記事を保存

米国のテキサス・インスツルメンツ(TI)の子会社で日本市場における外資系半導体サプライヤである日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、光、熱、機械的なエネルギー源を利用して「マイクロワット(μW)」から「ミリワット(mW)」レベルの電力を効率的に発電し、管理する次世代の「電源管理IC」を発表した。

今回発売されたのは、『bq25570』、『bq25505』、『TPS62740』、『TPS62737』、『TPS62736』の5新製品。いずれも「ワイヤレス・センサ・ネットワーク」「モニタリング・システム」「ウェアラブル医療用デバイス」「モバイル・アクセサリ」などの電源接続に制約のある機器で、アクティブ静止電流を業界最小レベルに維持し、電池フリーの動作を可能にする。

(※全文:1,594文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.