> > フォルクスワーゲンのPHV「twin up!」 東京モーターショーで世界初公開

フォルクスワーゲンのPHV「twin up!」 東京モーターショーで世界初公開

記事を保存
フォルクスワーゲンのPHV「twin up!」 東京モーターショーで世界初公開

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、11月23日より東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2013」で、4人乗りとして歴代最高1.1L/100km(90.9km/L)の燃費を実現したプラグインハイブリッド(PHV)のコンセプトカー「twin up!」を世界初公開する。

「twin up!」はXL1のプラグインハイブリッドシステムを採用したシティカーで、ゼロエミッションの電気走行で最長50kmの航続を実現。量産仕様の「up!」と比べると、もともと短かったフロントオーバーハングが30mm延長されている点のみが異なる。

フォルクスワーゲン「twin up!」の駆動ユニット、充電時イメージ

駆動ユニット(システムパワーは55kW)は車両のフロント部分に搭載されており、「0.8L TDIエンジン(35kW)」「電気モーター(35kW)」「7速DSG(DQ200E)」及び「パワーエレクトロニクス」から構成されている。

車両後方のリヤベンチシートとラゲッジルームの下には、「リチウムイオンバッテリー(エネルギー容量8.6kWh)」、車載電装システムのための「12Vバッテリー」及び33Lの燃料タンクからなる「フューエルストレージ(燃料貯蔵)システム」が搭載されている。

同車は、良好な空力特性(Cd=0.30)、バッテリーシステムの追加にもかかわらず低く抑えられた車両重量(1,205kg)、軽量なプラグインハイブリッドシステム、低転がり抵抗タイヤ(165/65R15)により、優れたエネルギー効率を実現。その結果、ヨーロッパの新しい走行サイクルでの測定では、1.1L/100km(二酸化炭素排出量に換算すると27g/km)という高い燃費効率を達成した。

また、ゼロエミッションの電気走行モードでは、0-60km/hを8.8秒で加速し、最高速度は125km/h。またハイブリッドモードの場合、ドライブシステムから提供されるトルクは、スモールカーとしては非常に大きい215Nmに達し、0~100km/hを15.7秒で完了する加速力と140km/hのトップスピードを実現した。

なお、フォルクスワーゲンは、今回の東京モーターショーで「twin up!」1台に加えて、日本初公開モデル11台、現行販売モデル5台の合計17台を出展する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.