> > 東工大のスパコン「TSUBAME-KFC」 省電力性能ランキングで世界1位

東工大のスパコン「TSUBAME-KFC」 省電力性能ランキングで世界1位

 印刷 記事を保存

東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)は、日本電気(NEC)、米国NVIDIA社など内外各社の協力で開発し、今年10月に稼動を開始したスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が、スパコンの電力性能(速度性能値/消費電力)をランキングした「The Green 500 List」2013年11月版で、1ワットあたり4,503.17メガフロップスという2位以下を大きく引き離す値を記録し、世界1位になったと発表した。「The Green 500 List」で日本のスパコンが1位になったのは初めて。

「TSUBAME-KFC」は、GSICのほか、日本電気(NEC)、米国NVIDIA社など内外各社の協力で開発したもの。今回のランキングでは、1ワットあたり4,503.17メガフロップスという、2位以下を大きく引き離す値を記録した。

同時に、ビッグデータ処理の省エネ性を競うために今年から始まった「The Green Graph 500 List」のビッグデータ部門でも世界1位となった。これは前回(2013年5月)の「The Green Graph 500List」で1位となったビッグデータ処理・グラフ処理で高い能力を持つIBM のスーパーコンピュータ「Blue Gene/Q」を押さえての受賞で、「The Green 500List」と合わせて省エネに関するランキングで2冠となった。

(※全文:1,384文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.