> > 東工大のスパコン「TSUBAME-KFC」 省電力性能ランキングで世界1位

東工大のスパコン「TSUBAME-KFC」 省電力性能ランキングで世界1位

記事を保存
東工大のスパコン「TSUBAME-KFC」 省電力性能ランキングで世界1位

東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)は、今年10月に稼動を開始したスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が、スパコンの電力性能(速度性能値/消費電力)をランキングした「The Green 500 List」2013年11月版で、世界1位になったと発表した。「The Green 500 List」で日本のスパコンが1位になったのは初めて。

「TSUBAME-KFC」は、GSICのほか、日本電気(NEC)、米国NVIDIA社など内外各社の協力で開発したもの。今回のランキングでは、1ワットあたり4,503.17メガフロップスという、2位以下を大きく引き離す値を記録した。

同時に、ビッグデータ処理の省エネ性を競うために今年から始まった「The Green Graph 500 List」のビッグデータ部門でも世界1位となった。これは前回(2013年5月)の「The Green Graph 500List」で1位となったビッグデータ処理・グラフ処理で高い能力を持つIBM のスーパーコンピュータ「Blue Gene/Q」を押さえての受賞で、「The Green 500List」と合わせて省エネに関するランキングで2冠となった。

また、今年9月にアップグレードされた同センターのスパコン「TSUBAME2.5」も1ワットあたり3,068.71メガフロップスを記録し、「The Green500 List」で世界6位を獲得。「TSUBAME2.5」は、「The TOP500 List」でも世界11位に返り咲き、日本国内ではスーパーコンピュータ「京」に次ぐ第2位となった。

なお、12月10日に「スーパーコンピュータTSUBAMEの進化と未来-TSUBAMEがどう進化し、どのように使われるのか-」と題した記念シンポジウムが開催され、TSUBAME2.5のアップグレードと3.0に向けた研究開発、超大規模アプリケーションの応用、産業界での利用などについての講演が行われる予定。

「TSUBAME-KFC」は、TSUBAME2.0の後継となるTSUBAME3.0及びそれ以降のためのテストベッドシステムとして、GSICが推進する文部科学省概算要求「スパコン・クラウド情報基盤におけるウルトラグリーン化技術の研究推進」プロジェクトにより設計・開発されたもの。

同プロジェクトでは、スパコンの消費電力とそれに係る冷却電力の双方の削減を目標としており、TSUBAME-KFCでは計算ノードを循環する油性冷却溶媒液の中に計算機システムを浸して冷却する油浸冷却技術及び冷却塔による大気冷却の組み合わせにより、非常に少ない消費電力で冷却できるように設計されている。

また、「TSUBAME2.5」は、2010年11月版の「The TOP500 List」で世界4位、「The Green 500 List」で世界2位、また「Greenest Production Supercomputer in the World賞」を受賞したスパコン「TSUBAME2.0」を、今年9月にGPUをNVIDIA Tesla M2050から最新のNVIDIA Tesla K20Xへアップグレードしたもの。これにより演算性能が倍精度で5.7ペタフロップス、単精度で17ペタフロップスへと大幅に増強された。また、電力効率においても3倍以上向上しており、今回の「The Green 500 List」で再び世界トップクラスの電力効率であることが認定された。

【参考】
東工大 - 東工大スパコンTSUBAMEシリーズが省エネ性能スパコンランキング2冠を獲得!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.