> > 三菱電機がコンセプト「電気自動車」発表 東京モーターショー2013に出展

三菱電機がコンセプト「電気自動車」発表 東京モーターショー2013に出展

記事を保存
三菱電機がコンセプト「電気自動車」発表 東京モーターショー2013に出展

三菱電機は、様々な事業のノウハウを結集し、先進の自動車技術を搭載したコンセプトEV(電気自動車)「EMIRAI 2(イーミライツー)」を開発し、「第43回東京モーターショー2013」に出展する。

今回出展しているコンセプトカーは、EVとしての環境性能だけでなく、操縦性と安全性を向上させるパワートレイン系コンセプトの「xEV(エックスイーブイ)」と、運転時の「安全・安心」「快適・便利」を向上させる運転支援系コンセプトの「xDAS(エックスダス)」の2種類。

同社は、車が様々な情報とつながる「インテリジェントコネクト」をコンセプトに、「便利」「エコ」「安全」に配慮したEVベースのコンセプトカー「EMIRAI」を開発し、前回の東京モーターショーで公開した。「EMIRAI 2」では、新たにパワートレイン系コンセプトと運転支援系コンセプトの2つのコンセプトを集約させ、近未来のクルマに求められる「環境」「安全」「快適」を実現させた。

主な特長は以下の通り。

パワートレイン系コンセプトカー「xEV(エックスイーブイ)」

前輪に1個、後輪は左右を独立して駆動できる2個のモーター(計3個)を搭載した最大出力125kWを備える2人乗りの4輪駆動EV。独自のモーター制御技術により、さまざまな路面状況に対応する。雪道などでの安全な走行や、心地よく滑らかな加速感、滑らかな段差通過を実現するコントロール機能を備える。

運転支援系コンセプトカー「xDAS(エックスダス)」

「クルマが人に調和する」をコンセプトに、インテリア・情報・操作を人に調和させたEV。同社の映像表示制御技術、画像・センサー情報処理技術、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術により、安全で快適な運転を支援する。ドライバーが必要とする情報を、視線移動を減らして分かりやすく表示する「インテリジェントインフォメーションパネル(IIP)」などを備える。

「第43回東京モーターショー2013」は、11月23日~12月1日、東京ビッグサイトにて開催される。

運転支援系コンセプトカー「xDAS(エックスダス)」

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.