> > 日立、インフラシステム事業を強化 体制を4月1日付けで4事業分野に再編

日立、インフラシステム事業を強化 体制を4月1日付けで4事業分野に再編

 印刷 記事を保存

日立製作所は、社会インフラを中心とした世界規模でのビジネスモデルやサービスの変化、多様なニーズに迅速に対応していくため、2014年4月1日付で、インフラシステム事業の体制を再編すると発表した。

具体的には、日立の社内カンパニーであるインフラシステム社の持つ機能を、4事業分野に再編する。その4事業分野は、電力・交通・都市インフラ分野向け情報制御ソリューションやエネルギーマネジメントシステムなどを担当する「都市・エネルギーソリューション事業」、水処理システムや監視制御システムなどを担当する「水環境ソリューション事業」、産業プラント、産業分野向け情報制御ソリューション、セキュリティシステムなどを担当する「産業プラント・ソリューション事業」、これらを支えるモノづくり機能として、インバーターや圧縮機などを担当する「コンポーネント事業」。

この4事業分野の体制強化に向けて、グループ会社を含めた関連事業の再編・統合などを行い経営リソースを集約する。これにより、インフラシステム分野のダイナミックな市場の変化やニーズの多様化にスピーディーに対応できる事業体制を構築する。また、インフラシステム事業の強化・拡大によって、日立が「2015中期経営計画」で掲げる経営目標の達成に向け、グローバルでの競争力向上を図る。

(※全文:1,305文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.