> > エージーピー、植物工場に参入 腎臓病患者のための低カリウムレタスを生産

エージーピー、植物工場に参入 腎臓病患者のための低カリウムレタスを生産

 印刷 記事を保存

エージーピーは、新規事業として「完全閉鎖型植物工場事業」への参入決定を発表した。今年9月に、会津富士加工とのフランチャイズ契約をすでに締結しており、12月にはグループ傘下に事業会社を新設立、工場建設に着工する予定となっている。

本事業では、屋外の畑では栽培できない「機能性野菜:低カリウムレタス」に特化し、生産する。2014年4月の工場完成後、5月より試験栽培が行われる予定。出荷は7月より開始され、8月にはフル生産を見込んでいる。

  栽培される低カリウムレタスは、秋田県立大学、会津富士加工により生産・量産技術が確立されたレタス。カリウムの含有量が一般のリーフレタスの1/6程度で、腎臓病患者の需要があるほか、食感の良さや、無農薬で、衛生面と保存性に優れることから、高級野菜として一般食品市場でも需要期待がある。

(※全文:627文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.