> > 再エネの周波数変動対策に世界最大出力40MWの蓄電システム

再エネの周波数変動対策に世界最大出力40MWの蓄電システム

記事を保存
再エネの周波数変動対策に世界最大出力40MWの蓄電システム

東芝は、東北電力が実施する「西仙台変電所周波数変動対策蓄電池システム実証事業」向けに、基幹系統の変電所に設置する世界最大となる出力40MWの蓄電池システムを受注した。

この蓄電池システムは、約1万回以上の充放電が可能な長寿命、高い安全性、低温動作などの優れた特性を持つ東芝製リチウムイオン二次電池「SCiBTM」を搭載。東北電力西仙台変電所に設置され、気象条件により出力が変動する風力発電や太陽光発電の普及拡大に伴う周波数変動対策の新たな取り組みに用いられる。

東芝は、今回の受注を通じ、拡大が予想される蓄電池市場の活性化と日本における蓄電池の国際競争力強化に貢献するとともに、アンシラリー(周波数制御機能)サービス向けをはじめとする大規模蓄電池システムの普及拡大に向け、グローバルに事業を展開していきたい考えだ。

東芝は、蓄電池システムについては、これまで国内で横浜市や宮古島市が進めるスマートコミュニティ実証事業をはじめ、海外では米国で環境配慮型商業施設の構築を目指す「プラグイン・エコシステム実証試験プロジェクト」に参画しているほか、商用ではイタリアのローマ市配電・水道公社であるアチア社から蓄電池システムを受注するなど、国内外で蓄電池事業を展開してきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.