> > 建設重機の監視システム、アイドリング時間を最大80分カット

建設重機の監視システム、アイドリング時間を最大80分カット

記事を保存

清水建設(東京都)は、主に造成工事に用いる建設重機のアイドリング防止を目的に、オペレータの環境保全貢献度の見える化を行う「建設重機アイドリング監視システム」を開発・実用化した。

東日本高速道路発注の常磐自動車道山元工事(宮城県)において、ブルドーザーとローラーに試験適用し、所定の性能を確認。今後、総合評価方式の技術提案に織り込んでいく考えだ。

同システムは、建設重機に搭載するGPSと加速度センサ、エンジンのオン・オフを認識するセンサ、センシング情報を現場事務所のパソコンに送信する通信機器、アイドリング状態を検出するソフトウェアから構成される。設置は、建設重機の機種、メーカーを問わず可能。

同システムは、「日々の重機稼働時間」「アイドリング時間」から「アイドリング率」「アイドリング中のCO2排出量」を算出するとともに、オペレータのエコ運転の判定評価(100点満点)を行う。ソフトウェアでエンジンがオンの状態、GPSの位置情報により走行を停止している状態、加速度センサが感知する重機の振動が設定値以内にある状態を同時に確認して30秒が経過すると、アイドリング状態にあると判断する。

エコ運転判定を踏まえた環境教育の効果(効果が顕著な事例)

エコ運転判定を踏まえた環境教育の効果(効果が顕著な事例)

常磐自動車道山元工事における実証試験では、定量的なエコ運転判定の評価結果をオペレータに示しながら環境教育を実施した結果、オペレータは受講後、自ら進んでアイドリングストップを実施するようになった。顕著な効果が表れたオペレータの事例では、アイドリング時間が80分以上(106分→20分)短縮された日があることが確認できている。

昨今の建設現場では、環境教育の浸透によりCO2発生量を抑制する様々な取り組みが展開されている。さらなる抑制効果を上げるために、同社が建設重機のアイドリング状況を調査したところ、依然、改善余地があることが分かり、今回のシステム開発に取り組んだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.