> > セーラー万年筆、日本治水と提携し水処理装置事業に参入

セーラー万年筆、日本治水と提携し水処理装置事業に参入

 印刷 記事を保存

セーラー万年筆は、機械装置メーカーとしての経験を生かし、日本治水(宮崎県東諸県郡綾町)との包括的事業提携により新たに水処理装置事業に参入すると発表した。施設の水道の元栓に取り付けることで施設内の水環境を改善する装置「アクアセーラー」の販売を12月1日より開始する。

アクアセーラーは、天然石を特殊加工して製造したセラミックに水道を通すことで、水を抗酸化する装置。本装置を施設の水道の元栓に設置すると、施設全体の水道管のサビやスケール(炭酸カルシウム等)の付着を防ぎ、例えば、トイレの悪臭や汚れを予防し、台所のシンクも汚れにくくする効果が期待できる。

(※全文:1,200文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.